読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世直し本舗|村上智史の「士魂商才!」 

マンション管理見直し本舗代表のブログ。分譲マンションの管理に潜むリスクを解消し、豊かなマンションライフを実現するための見直し術をご案内します。

理事会の開催が「不定期」のマンションってどうなの?

管理見直しの極意

f:id:youdonknowwhatyoulove:20141129153548g:plain

 

先日、都内のあるマンション管理組合に伺った際の話です。

■私   「次回の理事会の開催はいつでしょうか?」

■理事長 「いや、決まってません」

■私   「えっ、決まってないんですか?」

■理事長 「ウチは、不定期なんです。」

■私   「役員が改選された前回の定期総会はいつでしたっけ?」

■理事長 「昨年の夏です。」

■私   「それ以来、これまでに何回開催されました?」

■理事長 「定例の会は一度も・・・。基本的には管理会社の担当者との連絡はメールのやり取りだけです。」

■理事長「ただ、最近は長期修繕計画の見直しや、共用設備の不具合などで急に色々と出費になりそうなので、別に専門委員会を立ち上げていて、そこに管理会社も陪席してもらうようにしていますが・・。」

 

 国土交通省では、「マンション管理標準指針」を策定して公表しています。

 

この指針では、適正なマンションの管理のための基本事項を網羅し、それぞれについて管理組合が自ら行うべき「標準的な対応」の内容が具体的に示されています。

 

さらに、一部の事項にはさらなるレベルアップを促すため、「望ましい対応」の内容も示しています。

 

たとえば、標準指針の「理事会の運営」の章では、以下のような目安が示されています。

f:id:youdonknowwhatyoulove:20170214095935p:plain

 

これによれば、

理事会は「2ヶ月に1回以上の開催」が標準的なレベルとなっていますが、望むらくは「毎月1回の定期開催」がベターということになります。

 

f:id:youdonknowwhatyoulove:20170111151119p:plain

 

投資用のワンルームマンションの管理組合では、決算報告の際に理事会を1回開催するだけで、日常の管理会社とのやり取りは、メールや電話でのやり取りで済ませるパターンが多いようです。

 

ただ、小規模物件や、投資マンションを主業としているデベ系列の管理会社の場合、冒頭の事例のように「不定期開催」で運営されているケースも少なくありません。

 

では、「理事会の開催頻度が少ない分、事務管理費は安いのか」というと、この管理組合の場合はそうでもありませんでした。

 

と言うことは、管理会社が楽をしているだけです。

 

もっとも、管理組合の側も「何か問題がない限り、理事会を招集されない方が助かる」と考えがちで、そのため状況が改善されにくいという事情もあるでしょう。

 

いずれにしろ、管理組合にとって「組合運営のあり方」と「運営コスト」の2つの点で適正さを欠いているのは確かです。

 

あなたのマンションは大丈夫ですか?

【参考記事】

 

yonaoshi-honpo.hatenablog.com

 

yonaoshi-honpo.hatenablog.com

 

 

※ ブログ認知度向上にご協力いただければ嬉しいです (^▽^)/

  ↓       ↓

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ