世直し本舗|村上智史の「士魂商才!」 

無関心な居住者が多いマンション管理組合に潜む様々な「リスク」を解消し、豊かなマンションライフを実現するための「見直し術」をマンション管理士:村上智史がご紹介します。

侮れない!新電力への切替えによるコスト削減効果

           f:id:youdonknowwhatyoulove:20141129153548g:plain

 

2016年の4月から電力小売りが全面自由化され、ガス会社、通信会社や管理会社などの異業種企業もこぞって「新電力」に参入しています。

 

f:id:youdonknowwhatyoulove:20190705122407j:plain

 

ただ、全般的に無関心層の多いマンション管理組合ではまだまだし新電力への切り替えは行われていないのが実情です。

 

しかし、です。

 

当社がコンサルティングしている管理組合では、

複数の新電力から相見積もりを取得したところ、予想以上に料金削減ができることがわかりましたのでその一部をご紹介します。

 

 

【ケース1】 東京都76戸の場合(低圧電力 受電先:東京ガス)

 

この管理組合はすでに「東京電力」から「東京ガス」に切り替え済みで、現在210万円の電気料金を支払っています。

 

f:id:youdonknowwhatyoulove:20190705120310p:plain

 

しかしながら、新電力3社から見積もりを取ったところ、さらに最大10%の削減ができることがわかりました。

 

ちなみに、

基本料金が下げられる「電子ブレーカー」がまだ導入されていないのですが、導入によってさらに年間20万円弱の削減が可能であることもわかりました。

 

<参考記事>

  

yonaoshi-honpo.hatenablog.com

  

【ケース2】 神奈川県90戸の場合(高圧電力 受電先:東京電力)

 

こちらのマンションは共用部の電力を高圧で受電しています。

そのため低圧に比べると3割くらい料金単価が安くなっています。

 

そのため、以前は高圧電力の場合、新電力に切り替えても料金はほとんど下がらないと言われていました。

 

しかしながら、先般相見積もりを取得したところ、各社とも10%近い削減効果があることがわかりました。

 

f:id:youdonknowwhatyoulove:20190705121147p:plain

 

 今年の10月から、いよいよ消費税率が10%に改定される予定です。

 

当然ながら、

各マンション管理組合も漏れなくこの増税の影響を受けることになります。

 

そのショックを緩和するためにも、

新電力への切替えを検討されることをお勧めします!

 

<参考記事>

 

yonaoshi-honpo.hatenablog.com

 

 

yonaoshi-honpo.hatenablog.com

  

yonaoshi-honpo.hatenablog.com

  

yonaoshi-honpo.hatenablog.com

 

yonaoshi-honpo.hatenablog.com

 

 

           f:id:youdonknowwhatyoulove:20180907095250g:plain

 

※ ブログ認知度向上にご協力いただければ嬉しいです (^▽^)/

  ↓       ↓

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ