読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世直し本舗|村上智史の「士魂商才!」 

マンション管理見直し本舗代表のブログ。分譲マンションの管理に潜むリスクを解消し、豊かなマンションライフを実現するための見直し術をご案内します。

理事会役員との「お疲れ様会」!


昨日は、顧問をしている管理組合の定期総会でした。


管理会社のリプレースや修繕積立金の増額、長期修繕計画の作成など盛りだくさんの活動で、あっという間に過ぎ去った1年間でした。

低迷する駐車場の稼働率の改善や、修繕積立金のさらなる増額など課題はまだまだありますが、予算案も無事承認され、15年目を迎える来年からようやく正常な運営体制になりそうです。

総会後に、理事会役員5名のほか、管理会社担当者も交えて会場近くの居酒屋で「お疲れ様会」を開催しました。(もちろん、割り勘です。)

1年を振り返るだけでなく、それぞれのご家族の話のほか楽しい話題でずいぶん盛り上がり、気づいたら3時間以上経過していました。

もう役員はコリゴリと仰っていた方も、「こういう飲み会は、またぜひ呼んでほしい」とご満悦の様子でした。

しかしながら、こちらの管理組合は、住民の無関心さが少し深刻なレベルにあります。

昨日の総会では、委任状等を合わせても全体の60%強しか集まりませんでした。

これでは、将来管理規約を改正しようとしても、特別決議事項(全体の4分の3以上の賛成が必要)を実施できません


管理組合とはいえ、実質的にはほとんどの方が居住されている「住民のコミュニティ」です。

理事会や総会だけで顔を合わすだけでなく、同じマンションに住む仲間同士としてたまには食事したり、酒を酌み交わすのは「コミュニティ活動の潤滑油」になるものと思います。

こうしたインフォーマルなイベントを通じて、友人関係とまではいかなくともせめてお互い「知り合い」の関係になることはできるでしょう。

知り合いの関係を維持できていれば、防災や防犯面でも大きなメリットがあるはずです。

われわれ昭和世代にとっても、もはや懐かしい「ご近所づきあい」を復活させるお手伝いも、マンション管理士の仕事なのかもしれない・・・。そんなことを考えた1日でした。

どうも有難うございました!

 

※ ブログ認知度向上にご協力いただければ嬉しいです (^▽^)/

  ↓       ↓

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ 

あなたの資産を守る!  マンション管理見直しの極意

あなたの資産を守る! マンション管理見直しの極意