読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世直し本舗|村上智史の「士魂商才!」 

マンション管理見直し本舗代表のブログ。分譲マンションの管理に潜むリスクを解消し、豊かなマンションライフを実現するための見直し術をご案内します。

マンションでも落雷対策を忘れずに!


今年の夏の暑さは意外にも早く収まりましたが、ゲリラ豪雨に見舞われることが年々多くなっていますね。


ゲリラ豪雨や夕立ちと一緒に時々やってきて、私たちを怖がらせるのが、カミナリです。


でも、「マンションには避雷針があるから、カミナリは落ちないんでしょ?」と思ったあなた


その考えは、残念ながらとても甘いです…


たしかに、鉄筋コンクリート造のマンションでは、建築基準法にもとづき避雷設備が導入されており、人の安全性が確保されています。
(※地上20メートルを超える建物が対象。)


ただ、避雷針はあくまで「建物を雷から守るため」のもので、建物の中にある物を守ることまでは、目的にしていません・・・。


現代では、電子機器がたくさんあります。テレビや冷蔵庫、エアコンはもちろんのこと、エアコン、パソコン、電話など電源以外のラインをつなげた器機もありますね。


たとえ避雷針が設置されていても、雷電流の一部が電源回路だけでなく、通信回線やアース線を経由して、建物内にも侵入することがあります。


これを「雷サージ」と言います。

この雷サージの電流が異常に大きい場合には、電気機器や電子機器が故障することがあるのです。


こうした事態を避けるためのもっとも確実な対策のひとつは、雷が落ちる可能性がある間コンセントや通信回線等を抜いて、雷サージの侵入経路を遮断することです


100%大丈夫という保証はありませんが、まず被害にあうことはないでしょう。


ただ、家を留守にしている時など、この方法で常に対応できないこともありますね。


こうした不在時も含めた予防対策としては、設備機器にあらかじめ避雷器(サージ防護デバイス)を取り付ける方法もあります。


避雷器には、器機ごとに取り付けるものの他に、分電盤に取り付けて家中全体の器機を保護するものの2種類があります。


というわけで、マンション住まいの方も、万が一に備えて落雷対策を考えておかれることをお奨めします。

どうも有難うございました!

 

あなたの資産を守る!  マンション管理見直しの極意

あなたの資産を守る! マンション管理見直しの極意