世直し本舗|村上智史の「士魂商才!」 

マンション管理見直し本舗代表のブログ。分譲マンションの管理に潜むリスクを解消し、豊かなマンションライフを実現するための見直し術をご案内します。

管理組合総会も電子投票の時代!?

 

2014年3月1日付けの毎日新聞に、「相模原市にある、大規模マンションの管理組合で、総会に電子投票の仕組みを導入する」との記事が掲載されていました。


パソコンはもちろん、スマホや携帯電話で出欠の連絡、議決権行使、委任が簡単に行えるとのこと。


おまけに、総会会場でも挙手せずにスマホ等で意思表示できる(!)ので、賛否集計のミスも生じにくいのだとか。


このシステム(e投票)を提供しているのは、グラントという大阪の会社。

初期導入費用に2万円、年間利用料で5万円とのことです。
(規模に関係なく、一律)

100戸のマンションであれば、最低年1回の総会開催はあるとして戸当たり負担は、年間500円

利便性を考えれば、決して高い価格設定ではなさそうです。

メリットの大きいマンションの例としては、以下のようなケースが考えられます。


(1)投資マンションのように、外部所有者の割合が多く、有効議決権が集まりにくい場合

(2)数百戸規模のメガマンションの場合(会場が確保しづらい 資料の郵送料等が嵩む)

また、各所有者が人情報としてシステム登録するのではなく、部屋番号のみの登録となるのも導入のハードルを下げる効果があるでしょう。

一方で、懸念されることもありそうです。

たとえば、

(1)真の区分所有者かどうかの本人確認ができるのか? 「なりすまし」のリスクはないのか?


(2)総会の欠席が一層増えて、必要な審議がされにくくならないか?

(3)高齢者などを含めて、デジタル・デバイドなどIT弱者に対する配慮が必要ではないか?


といったことです。
  
IT技術の導入で、利便性やスピードが向上するのは結構なことですが、その反面、犠牲になったり、おろそかになる部分も必ずあります。

面倒なことはありますが、その点の検証が欠かせないように思います。

 

どうも有難うございました!

 

※ ブログ認知度向上にご協力いただければ嬉しいです (^▽^)/

  ↓       ↓

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ 

 

あなたの資産を守る!  マンション管理見直しの極意

あなたの資産を守る! マンション管理見直しの極意